1. TOP
  2. 健康
  3. 肩こりひどいし頭痛も辛い、そんな人の原因と対処法5つ!

肩こりひどいし頭痛も辛い、そんな人の原因と対処法5つ!

健康
この記事は約 7 分で読めます。 110 Views
肩こりによる頭痛に悩む女性

現代において肩こりに悩まされている方って多いですよね。

肩こりは現代病のひとつだという表現もされるくらいなので、それだけ私たちにとって身近なものであると感じさせられます。

長時間にわたるデスクワークや家事・育児など原因は様々です。そして肩こりは頭痛まで誘発します。

ただでさえ多忙な日々を送っているのに、肩こりだけでなく頭痛にまで悩まされてしまったら毎日が憂鬱になってしまいますよね。

そこで今回は、肩こりからくる頭痛の原因とその対処法を5つご紹介します。肩こりからくるひどい頭痛に悩まされている方は是非、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

眼精疲労

長時間スマホをいじる女性

仕事上パソコンをずっと眺めていたり、スマホを長時間いじる癖がある人は眼精疲労になりやすいです。

 

情報のデジタルデータ化やスマホの普及によって目を酷使することが多くなった現代において、肩こりが現代病となった原因として考えられるもののひとつだと考えられています。

 

眼精疲労になると、視界がボヤけることで見えにくくなるストレス、または画面に近づきすぎたりすることで姿勢が悪くなり、首元の血行不良に陥ることが頭痛の原因のようです。

対処法

対処法としては、休憩時間を設けること。1時間作業したら10分は目を休めましょう。その際には目元を温めるとより効果的になります。

市販の目元を温めるアイマスクなどで目の周りの血行をよくすることで回復が早まるのです。

家庭でも蒸しタオルを目元に置くことで代用することができます。蒸しタオルは水に濡らしてから軽く絞ったタオルを、電子レンジ500wで30秒くらいチンすると簡単に出来上がります。

 

脳の酸欠状態

深呼吸をする女性

肩こりからくる頭痛は脳の酸欠状態によって引き起こされることがあります。

 

細胞の集まりである脳にとって、細胞のエネルギーを生み出す酸素はとても重要な役割を果たしています。

 

そこで、脳に酸素を送る手段として全身に血液を送り出すポンプの役割を担っているのが筋肉です。

 

肩こりの症状は肩や首まわりの筋肉が硬くなってポンプの役割を妨げるものなので、脳に酸素をうまく送ることができなくなってしまい、それが頭痛につながってしまうのです。

 

酸欠が原因だと思われる時の対処法としては、意識的に深呼吸をすると良いでしょう。その時、一緒に姿勢を良くすることも意識してみましょう。

 

普段の姿勢の悪さから、重い頭を支えるために肩まわりの負担が大きくなります。これは肩こりが引き起こされる原因としてよくあげられるものです。

 

酸素を多く取り込むと同時に姿勢も意識することで、症状を軽くすることを助長してくれるでしょう。

 

また、人は緊張状態にあると呼吸が浅くなる傾向があります。特に人間関係に気を使いやすい人は要注意です。知らず知らずのうちに浅い呼吸になってしまっています。

対処法

簡単な対処法としては、肩周りのストレッチです。思い切りグッと両肩をあげます。この時、肩甲骨が締まるように意識しましょう。その後、思い切り脱力します。これを10回前後繰り返しましょう。これだけでも、だいぶ肩が軽くなります。

 

過度なストレス

整体やマッサージ、接骨院などの外的な対処法で肩こりを改善しようと試みても一時的な効果しか得られない場合は、過度なストレスに原因があるかもしれません。

 

肩こりは肉体的な面と精神的な面から引き起こされることがあります。

 

精神的な面でストレスを感じているが原因である肩こりの場合、そのストレスの原因となる問題が解決すると症状が改善されたり、完治したりするのが特徴です。

 

ですから、この場合の肩こりを治す対処法としては、そのストレスの原因となっている問題を解決することだと言えます。

対処法

ストレスを解消する方法としては「逃げる」ことが良いでしょう。これはその場所から逃げるという意味ではなく、自分の好きなことや趣味などに逃げるという意味です。

よくカラオケでストレスを発散するとか聞いたことがあると思いますが、これはなかなか有効的な手段で、心の拠り所となる場所を自分で定めてしまうと意外とスッキリしてしまうものなのです。

その他にも、旅行や運動、音楽、サプリなど、ストレスを解消する方法は多岐にわたります。

ストレスを解消することで全身の緊張状態を解け、それが肩こりと頭痛の悩みの解消にもつながるはずです。

スポンサーリンク

冷え性

冷え性の女性

冷え性の人は血流が悪くなり肩が凝りやすくなります。男性に比べ女性の方が冷え性の方が多いのは、筋肉量が関係しています。筋肉量が少ないと体全体に血液が届くにくくなり、そのため手足の指先が冷たくなる(末端冷え性)のです。

 

飲み物の飲み方にも注意が必要です。冬場だけではなく、夏場も冷たい飲み物を頻繁に飲むことで内臓を冷やしてしまうのです。

対処法

対処法としては、防寒対策をしっかりするのはもちろん、飲み物はなるべく常温で飲むようにするといいでしょう。

また、体を温める食べ物を積極的に食べるといいでしょう。人参やごぼう、かぼちゃ、玉ねぎなどです。

 

運動不足

肩こりの原因には運動不足も含まれます。学生時代は授業などで運動する機会がありましたが、社会人になると一気に減りますよね。なので意識的に運動を生活に取り入れる必要があります。

対処法

おすすめなのはスクワットです。『キング・オブ・エクササイズ』とも呼ばれるこのトレーニングは下半身の筋肉を総動員します。太ももの筋肉は第2の心臓とも呼ばれており、体全身に血を送り出すポンプのような役割をしてくれます。血流改善効果によって筋肉がガチガチになるのを防いでくれます。

 

また、有酸素運動もおすすめです。これにより快楽物質であるドーパミンや幸福を感じるエンドルフィンなどが増加し、ストレスの緩和と血流改善を促してくれます。

さらにミトコンドリアと呼ばれる細胞内のエネルギー産出器官を増やしてくれるので、疲れにくい体質になりストレスが蓄積しにくくなります。

場所を選ばず、誰でもできるスクワットはコチラ▼

これなら家事の合間に、テレビを見ながらでもできますよね。やってみるとかなりきついので、毎日少しずつ回数を増やすのが、長く続けられるポイントです!^^

まとめ

いかがだったでしょうか?

現代において肩こりに伴う頭痛で悩まされる人が増えているのは必然だと思います。

働いている限り人間関係というものに悩まされますし、ストレスを感じるなという方が難しいです。また、仕事柄パソコンと睨めっこなのに休憩の時はスマホをいじるので目の休憩時間が一切なかったり。

その中でも健康的な生活を心がけることが肩こりや頭痛から解放される第一歩となります。

肩こりや頭痛の原因は1つとは限りません、様々な要因が重なって症状が現れている可能性もあるので注意しましょう。また、あまりにも激痛だったり慢性的にずっと肩こりや頭痛が続いている人は無理せず病院に行くようにしましょう。

この記事を読んだあなたが一日も早く、辛い肩こりや頭痛から解放されることを祈っています。^^

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

kuriru|美容・健康・暮らし・ダイエットの注目記事を受け取ろう

肩こりによる頭痛に悩む女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kuriru|美容・健康・暮らし・ダイエットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kuriru☆

kuriru☆

当サイトをご覧いただき、ありがとうございます。kuriru(クリル)は、美容・健康・暮らしを中心に、女性が抱える悩みや、日々起こりうる身近な問題をテーマに「これならできるかも!」と思えるヒントを、あなたにお届けしたいと思います。^^

この人が書いた記事  記事一覧

  • 蠕動運動を大蠕動に変える、たった1つの便秘解消法がスゴい!

  • もち麦と押し麦の違い!栄養価や糖質を徹底比較!

  • チョコレートで太る原因!太らないチョコの選び方と食べ方♪

  • 顔の肌荒れが悪化!赤み、かゆみ、ブツブツの原因と治し方!

関連記事

  • 貧血改善に摂り入れたい食べ物・飲み物【まとめ】

  • 蠕動運動を大蠕動に変える、たった1つの便秘解消法がスゴい!

  • 腸内環境と肌荒れの深~い関係!知らないと治らない!?

  • 便秘は食事量を減らせば治る?食物繊維摂りすぎが逆効果って?

  • むくみ足パンパンにサヨナラ♪人気のサプリメントでスッキリ解消!

  • 女性が冷え性になりやすい10の原因