1. TOP
  2. 健康
  3. カラダも喜ぶ菌活の効果と菌活におすすめな優秀食材!

カラダも喜ぶ菌活の効果と菌活におすすめな優秀食材!

 2017/01/08 健康
この記事は約 8 分で読めます。 142 Views
風船を持ってジャンプする女性

菌活がブームになって、だいぶ定着してきましたね。でも、どんな効果があるのか具体的にはよく分からない…という人も多いのではないでしょうか。

今や20~40代の女性の7割が何らかの「菌活」を実践しているといわれています。

菌活が体にどんな効果があるのか、また健康や美容にどんな効果があるのかまとめてみました。是非、参考にしてみてください。

「菌活ダイエット」や「お手軽レシピ!」を詳しく知りたいという方は、こちらの記事もチェックしてみてください。

スポンサーリンク

菌活の効果

菌活は誰でも簡単に取り組めることで女性にとても人気ですが、具体的にどんな効果があるのかご紹介したいと思います。

便秘の改善

お腹を押さえる女性

菌活の効果で一番期待したいのは、便秘の改善ではないでしょうか。

女性の8割が悩んでいるといわれる便秘ですが、便が出ないだけだからと我慢をし、放置してしまっている人も多いようです。

 

もしくは、クスリに頼りたくないからと食物繊維をいっぱい食べたり、運動をするなど頑張っている方も多いですよね。

 

もちろん便秘の改善には食物繊維をとることも大切です。でもそれだけでは悪化してしまった腸内環境を改善することはなかなか難しいことをご存じでしょうか。

 

便秘の人のお腹の中では悪玉菌が増殖して、善玉菌よりも優勢になっています。悪玉菌が増殖すると、便が腐敗して有毒ガスが発生したり、食べたものの消化吸収も悪くなっています。

 

そのような状態では排便を促すための腸の蠕動(ぜんどう)運動や腸の機能そのものが低下してしまっていて、さらに排便をしづらくなるという悪循環に陥っています。

 

ですから、腸内環境を整えて便秘を改善するためには、食物繊維と同時に善玉菌を増やし、悪玉菌の働きを抑えていくことがとても大切です。

 

便秘の改善には腸内環境を整えるための菌活が欠かせません。食物繊維は善玉菌のエサにもなりますから、同時に摂ることで便秘の改善効果が高まります

 

ダイエット効果

ダイエット前と後の女性の体

善玉菌をたっぷり摂って便秘が改善されてくれば、それはダイエットにもつながっていきます。

 

便秘というのは余計な老廃物をたくさん溜め込んだ状態です。それはお腹の中だけでなく、皮下脂肪や余分な水分などを溜め込みやすい状態にもなるのです。

 

年齢が上がるにつれて、運動不足も重なり「ぽっこりお腹」が気になってきますよね。皮下脂肪だけでなく、溜まった便やガスなどもぽっこりお腹の原因になります。菌活で腸内環境を整え、便秘を解消することで、ぽっこりお腹の解消やダイエット効果も期待できます。

肌荒れの改善

鏡で肌荒れを確認する女性

腸の中で悪玉菌が増えて腸内環境が悪化すると、有毒ガスが発生します。便秘が続くとおならが臭くなったりしますよね。それはこのガスのせいです。

 

お腹が膨らんだりおならが臭くなるのも困りますが、このガスが肌荒れの原因にもなります。

 

お腹の中で発生した有毒ガスは、血液中に溶け出して全身を巡ります。それだけでも恐ろしいと思いますが、そのガスは最終的に呼気(吐く息)や皮膚から出てくることで、口臭や体臭の原因となるのです。

 

便秘が続くと吹き出物が増えたり、肌が荒れたりすることがあると思いますが、有毒ガスが出てくるのですから荒れるのも仕方ありません。

 

便秘が原因で肌が荒れているなら、化粧品をいくら変えても効果は出ません。まずはお腹の中をキレイにデトックスする必要があります。菌活で善玉菌を活発にして便秘解消できれば、吹き出物や肌荒れなどを減らしていくことが出来るでしょう。

 

また、善玉菌の入った発酵食品には、それ自体に血液をサラサラにする効果や抗酸化作用、美白効果など美肌を作る上で大切な作用がたくさんあります。

 

便秘の改善以外にも、直接肌に働きかける作用がたくさんありますから、その点からも毎日発酵食品を摂る菌活は美肌作りには欠かせないといえるでしょう。

 

免疫力の向上

ブロックを突きで破壊する女性

身体の免疫細胞の実に7割が腸で作られているといわれています。つまり、腸の機能が低下すると免疫力まで低下してしまうということです。

 

たとえば、身体に異物が入ってきた時に働いてくれるNK(ナチュラルキラー)細胞は、ウィルスやウィルスに感染した細胞を直に破壊しにいくありがたい細胞で、腫瘍細胞なども無毒化しますから、ガン予防のためにもぜひともがんばって働いてもらわなくてはいけない細胞です。

 

腸にいる細菌たちが、これらの免疫細胞を強くする働きを持っているので、

・腸内環境が悪くなる

・免疫細胞が鍛えられなくなる

・免疫力が弱くなる

という図式が成り立ちます。

 

ではどうすればいいか?というと、菌活で出来るだけ腸内細菌の数と種類を増やし、免疫細胞をたっぷりと鍛えてあげればいいわけです。

 

最近風邪を引きやすい、風邪が治りにくいなと感じている人は、ゆっくり休むことももちろん大切ですが、毎日の食事に「菌」を取り入れて、腸内環境を整えていくことが何より大切でしょう。

 

アレルギー症状の改善

マスクをして咳き込む女性

免疫力が低下すると、風邪など病気にかかりやすくなるだけでなく、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状が引き起こされる可能性が高くなります。

 

アレルギーとは免疫システムの過剰反応です。普段ならどうってことのない花粉に過剰に反応してしまい、鼻水や鼻づまりといった症状が出ますよね。これも、免疫力が低下してしまっているからだと考えられています。

 

アレルギーはいくつになっても発祥する可能性があります。40代、50代になってから花粉症を発症する人も少なくありません。一度発症すると完治させるのはなかなか難しいですから、そうならないように菌活で対策することも1つの方法です。

スポンサーリンク

菌活におすすめの食材

菌の拡大

「菌活」は毎日続けることで効果を発揮します。菌というと「ヨーグルト」を思い浮かべる方が多いと思いますが、それ以外にも日本古来の優秀な食材がたくさんあります。

 

ぬか漬け

ぬか漬けにはラブレ菌という乳酸菌が含まれています。少し大きめのタッパーなどを使って自宅で作ることも出来るので、手作りが好きな人はぜひ挑戦してみて下さい。

 

麹菌の入った食材

日本の調味料には麹菌の入った発酵食品が多くあります。

  • 味噌
  • 醤油
  • みりん
  • 日本酒
  • 甘酒
  • 酒粕
  • 塩麹

など

日本酒や酒粕、味噌には、お肌の美白効果や保湿効果も期待できますから、お腹の調子を整えつつ、美肌作りも出来て一石二鳥です。

 

ヨーグルトは乳酸菌の種類が大事

乳酸菌といっても本当に種類がたくさんあるので、どれがお腹にいいのか迷ってしまいます。

  • ガセリ菌
  • ブルガリア菌
  • アシドフィルス菌
  • クレモリス菌
  • ロングム菌

などが有名な菌ですね。

 

ただ、どれでもいいというわけではなく、自分のお腹と合っていないと整腸効果が感じられないことがあります。

 

ヨーグルトを1週間くらい食べてみて、効果が出なければ、他の菌のヨーグルトに変えて自分のお腹に合っている菌を探していく必要があります。

 

ちなみに便秘改善にヨーグルトで善玉菌を摂る場合は、1日200gくらい食べる必要があります。(4カップのヨーグルトなら1カップあたり約75gなので、1日に2つ程度になります)

 

日本人の腸内細菌は減っている

腸内環境が悪化している様子のイラスト

食の欧米化、野菜不足、添加物の多い食事などで、日本人の腸内環境は悪化しています。

 

ただでさえ、加齢によって腸の機能が低下しているところに運動不足なども重なり、腸の善玉菌たちがどんどん活性化を失っていきます。

 

だからこそ、毎日の菌活が大切です。食事はやはり発酵食品を多く摂れる昔ながらの和食が一番でしょう。カロリーや食物繊維の量から考えても、和食を食べることは腸内環境を整え、ダイエットや様々な健康効果を得られる食事だと考えます。

まとめ

いかがでしたか?「菌活」は便秘改善に良いだけでなく、他にもたくさんの効果が得られることがお分かりいただけたと思います。

年齢を重ねるほどに免疫力は低下しますから、食材からもしっかり「菌活」を摂り入れていきたいですね。

「菌活」は、普段の食事を少し意識すれば、お腹に良い菌を摂りやすいというのが魅力です。

カラダも喜ぶ菌活生活を、ぜひ、あなたの健康な体づくりにお役立てください。^^

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

kuriru|美容・健康・暮らし・ダイエットの注目記事を受け取ろう

風船を持ってジャンプする女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kuriru|美容・健康・暮らし・ダイエットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kuriru☆

kuriru☆

当サイトをご覧いただき、ありがとうございます。kuriru(クリル)は、美容・健康・暮らしを中心に、女性が抱える悩みや、日々起こりうる身近な問題をテーマに「これならできるかも!」と思えるヒントを、あなたにお届けします。^^

この人が書いた記事  記事一覧

  • キウイで便秘解消その効果は?2年前から毎日食べ続けた結果

  • 蠕動運動を大蠕動に変える、たった1つの便秘解消法がスゴい!

  • もち麦と押し麦の違い!栄養価や糖質を徹底比較!

  • チョコレートで太る原因!太らないチョコの選び方と食べ方♪

関連記事

  • 蠕動運動を大蠕動に変える、たった1つの便秘解消法がスゴい!

  • 女性が冷え性になりやすい10の原因

  • 40代体型の崩れはコンブチャマナで腸内環境を整える菌活ダイエットがおすすめ!

  • キウイで便秘解消その効果は?2年前から毎日食べ続けた結果

  • お腹の調子を整える菌活とは?具体的にはどうやるの?

  • 寝汗をかく女性12の原因とその対策!