1. TOP
  2. 健康
  3. 【アーモンドミルク】牛乳・豆乳のカロリー比較!他にどんな違いがあるの?

【アーモンドミルク】牛乳・豆乳のカロリー比較!他にどんな違いがあるの?

健康
この記事は約 5 分で読めます。 980 Views
almond-milk

美容や健康に効果があるという「アーモンドミルク」、飲んでみたいとは思うけど、なんだか高カロリーなイメージ…とお思いではありませんか?

美味しくて美容に良くても、カロリーが高かったら意味ないですよね。

牛乳や豆乳も美容には効果的ですが、カロリーが低いのはどちらでしょうか。また、カロリー以外の違いについても知りたいところです。

それぞれの違いについてまとめてみましたので、ミルク選びの参考にしてみてくださいね。

アーモンドミルクのカロリーは?

アーモンドミルクは牛乳や豆乳と比べると低カロリーなのが魅力です。

100gでおよそ15kcalしかないので、コップ1杯飲んでも30kcal程度にしかなりません。これは嬉しいですね。

しかもコレステロールがゼロ!ビタミンやミネラルは豊富なのに、ダイエットにもいいという素晴らしい飲み物です。糖質もほとんどないので、糖質制限をしている方でも摂り入れやすいんです。

ただし、このカロリーは無糖のアーモンドミルクなので、市販の砂糖が入ったアーモンドミルクですとそれ以上になります。

スーパーなどでよく見かける市販のアーモンドミルクを比較してみました。

アーモンドファーム(キッコーマン) 118~122kcal
アーモンド効果(グリコ) 66~98kcal
アーモンドブリーズ(ブルーダイヤモンド) 49~102kcal

※幅はフレーバーの差によるもの
「アーモンドファーム」は豆乳がブレンドされているので、豆乳が好きな方にはいいかもしれませんが、その分カロリーが高くなっています。

アーモンドミルクの栄養素は?

カロリーと同時に気になるのが脂質です。アーモンドミルク(無糖)の脂質はおよそ1.2gなのでかなり低いですね。

ちなみに上記3つのアーモンドミルクの栄養価は以下の通りです。

脂質/糖質/食物繊維の比較

脂質 糖質 食物繊維
アーモンドファーム 3.6~3.8g 17.8g 3.6~4.2g
アーモンド効果 3.0~3.7g 8.3~14.5g 3.1~3.4g
アーモンドブリーズ 2.0~2.8g 5.8~17.2g 1.6~1.2g

やはり、アーモンドミルクは無糖の、何も入っていないものの方がカロリーも脂質も低く、毎日飲むには良さそうですね。

牛乳とアーモンドミルクのカロリー比較

calorie-table

牛乳のカロリーはコップ1杯でおよそ120~130kcal。結構なカロリーですね。アーモンドミルク(30kcal)の4倍ほどあります。

健康のためにと1日何杯も飲んだら、あっという間にカロリーオーバーしてしまいそうです。

  • 牛乳の糖質およそ9g
  • アーモンドミルクの糖質0.6g

と格段の差があります。

ビタミン類ならアーモンドミルク

カルシウムについては残念ながら牛乳にはかないませんが、その他のミネラルやビタミン類がバランスよく含まれているのがアーモンドミルクです。

特にビタミンEが豊富で、アンチエイジングには非常に効果的な栄養素。肌のことを考えたらコレステロールたっぷりの牛乳よりも、ビタミン、ミネラルが豊富なアーモンドミルクの方がおすすめです。

アレルギーも起きない

乳製品はどうしてもアレルギーが起きやすいですし、日本人には乳糖不耐症の人が多いので、おなかがゴロゴロしてしまって牛乳が飲めない、という方もいますよね。

でもアーモンドミルクなら、ナッツ類のアレルギーさえなければ大丈夫です。健康のために牛乳を飲みたいけど体質的に合わないという人は、アーモンドミルクを試してみてはいかがでしょうか。

豆乳とアーモンドミルクのカロリー比較

 

comparison

豆乳のカロリーはコップ1杯でおよそ110kcalです。

  • 豆乳(無調整)の糖質およそ3.6g牛乳の糖質⇨およそ9g)
  • アーモンドミルクの糖質0.6g

豆乳は、牛乳と比べるとかなり低いですが、0.6gのアーモンドミルクにはかないません。

ただ、たんぱく質だけは豆乳にかないません。全体的な栄養素を考えるとアーモンドミルクの方が高く、かつ、カロリーも低いのですが、たんぱく質が摂れないので、豆腐などと一緒に摂るといいかもしれませんね。

オレイン酸で便秘解消

豆乳は女性ホルモンを増やしてキレイになりたい!という目的で飲む方が多いと思います。また植物性なので、牛乳を飲むよりはコレステロールも低い、という理由もあるでしょう。

ただ、便秘の解消についてはアーモンドミルクの方がおすすめです。アーモンドミルクはオレイン酸を豊富に含みますが、これは酸化しにくい脂質で、悪玉コレステロールを減らすとともに腸の蠕動運動を活発にするという働きがあるんです。

便秘を解消して腸内環境が改善されれば肌もキレイになるし、ダイエットにも効果的。

全体的な美容&健康への効果を考えると、豆乳よりもアーモンドミルクの方がおすすめです。

まとめ

female-milk

いかがでしたか?

牛乳・豆乳・アーモンドミルクのコップ1杯のカロリーは、

  • 牛乳⇨およそ120~130kcal
  • 豆乳⇨およそ110kcal
  • アーモンドミルク⇨およそ30kcal

糖質は、

  • 牛乳⇨およそ9g
  • 豆乳⇨およそ3.6g
  • アーモンドミルク⇨0.6g

もし毎日牛乳や豆乳を飲む習慣があるのなら、それをアーモンドミルクに置き換えるだけで、それまでの1/4~1/3くらいのカロリーダウンが可能です。

また、牛乳・豆乳・アーモンドミルクには、それぞれ栄養成分の違いがありますので、目的に合わせて、選んで飲むようにしてみてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

kuriru|美容・健康・暮らし・ダイエットの注目記事を受け取ろう

almond-milk

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kuriru|美容・健康・暮らし・ダイエットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kuriru☆

kuriru☆

当サイトをご覧いただき、ありがとうございます。kuriru(クリル)は、美容・健康・暮らしを中心に、女性が抱える悩みや、日々起こりうる身近な問題をテーマに「これならできるかも!」と思えるヒントを、あなたにお届けしたいと思います。^^

この人が書いた記事  記事一覧

  • 蠕動運動を大蠕動に変える、たった1つの便秘解消法がスゴい!

  • もち麦と押し麦の違い!栄養価や糖質を徹底比較!

  • チョコレートで太る原因!太らないチョコの選び方と食べ方♪

  • 顔の肌荒れが悪化!赤み、かゆみ、ブツブツの原因と治し方!

関連記事

  • 実はストレスが原因だった!?辛すぎる便秘を解消する方法

  • お腹の調子を整える菌活とは?具体的にはどうやるの?

  • 肩こりひどいし頭痛も辛い、そんな人の原因と対処法5つ!

  • アーモンドミルクの効果的な飲み方!どのくらいの量をいつ飲むといいの?

  • 口臭を治す簡単な方法12選!

  • 汗っかきの原因と老廃物の関係!改善にはこんな対策が効果的!