1. TOP
  2. 健康
  3. 下っ腹がぽっこり!40代から加速する女性メタボ体型の原因とは?

下っ腹がぽっこり!40代から加速する女性メタボ体型の原因とは?

 2017/01/27 健康
この記事は約 9 分で読めます。 10,226 Views
下っ腹が出ている女性のお腹

年齢と共にいつの間にかぽっこり出てきてしまったお腹、何とかしたいですよね。下っ腹がぽっこりしていると太って見えますし、何より老け込んだ印象になります。

今回はぽっこりお腹の原因と解消法についてご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

※体型を改善したい方は、こちらの記事もチェックしてみてください。

スポンサーリンク

下っ腹がぽっこりしてしまう原因とは?

これまではあまり気にならなかった下っ腹のぽっこりが、どんどん目立ってくる原因があります。

下っ腹が出ている女性、出ていない女性の体型比較

2つの脂肪

年齢とともに段々脂肪がつきやすくなり、そして落ちにくくなってきます。それは「内臓脂肪」と「皮下脂肪」の2つです。

 

皮下脂肪だけなら若い頃でもつきますが、代謝のいい頃ならすぐに落とせました。それが40代以降は急激に基礎代謝量が落ちていくので、つきやすく落ちにくくなっていくのです。

 

また、内臓脂肪はもっと怖いですね。これも年齢とともにつきやすくなり、2つの脂肪が合わさっていることで下っ腹が目立ってしまうのです。

 

女性は男性に比べると腹筋も少ないために、どうしても下腹部が目立ってしまうのです。ずっとスリム体型だった人でも、30代後半から下っ腹が徐々に出てきて体型が変わってしまったという人も多いはずです。

身体の歪み

立っている女性の良い姿勢と悪い姿勢の比較

普段の座る姿勢、立っている時の姿勢を意識しているでしょうか?脚を組んで座っていたり、片足に体重をかけて立っていたりすると、骨盤が歪んで、その影響から体のあちこちに歪みが生じます。

 

骨盤が歪むと内臓が下がってきてしまい、そこに内臓脂肪がついたりするとぽっこりとお腹が目立つようになってしまいます。

 

O脚やX脚になっている人は体が歪んでいる可能性が高いので要注意です。

ガスだまり

便秘の人はお腹にガスが溜まりやすく、そのため下っ腹がぽっこりしてしまいます。

ただこのガスだまり、便秘だけが原因ではありません。

  • 食物繊維の摂り過ぎ
  • 炭酸飲料の飲み過ぎ
  • コーヒーの飲み過ぎ
  • 早食い
  • おならを我慢してしまう

など、このようなことが原因でもガスが溜まりやすくなるのです。

 

便秘にいいからと食物繊維を摂りすぎると、それが逆に便秘を悪化させてしまうことにもなりうるのです。

 

食物繊維には水に溶けない不溶性と水に溶ける水溶性の2つの種類があり、これを2:1の割合で摂ることが理想(※)とされています。ですから、さつまいもやごぼうばかり食べていると消化に時間がかかってしまい、かえって便を硬くすることもあるのです。

 

海藻類や山芋、オクラなどのネバネバしたものも食べるなど、バランスよく食べることが大事なんですね。

 

それから炭酸飲料は二酸化炭素が入っています。清涼飲料水だけでなく、ビールやサワーも立派な炭酸飲料なので、ジュースだけでなくお酒にも注意してくださいね。

 

早食いの人、食事中によく喋る人は食べるものと一緒に空気も飲み込んでしまうため、「空気嚥下症・くうきえんげしょう」にもなりやすいです。

 

お腹に溜まるガスの7割は飲み込んだ空気だそうですから、お腹もぽっこりするし、げっぷもよく出るという人は、食事に集中するということも大事かもしれません。

 

(※)食物繊維の不溶性と水溶性について、こちらの記事にまとめてありますのでチェックしてみてください!

参考記事⇒頑固な便秘は食事で解消!食物繊維2:1の法則で便秘にサヨナラ!

スポンサーリンク

ぽっこりお腹を解消する方法

脂肪や身体の歪みは毎日のエクササイズで筋肉を鍛えたり、体のバランスを整えていくことが大切です。

お腹を引き締めて、ぽっこりを解消する方法をご紹介します。

自宅でできる下腹部を鍛える運動

お腹の筋肉を鍛える、というと腹筋に効く運動が一番ですね。ただ、やみくもに腹筋を動かしても、肝心な下っ腹にはあまり効果がありません。

 

そこでおすすめなのは下腹引き締めエクササイズです。B-lifeインストラクターのまりこさんが、次の動画でとても分かりやすく解説してくれています!

 

動きはゆっくりですが、運動不足の私にはかなりきつく久しぶりに筋肉痛になりました。みなさんも是非、挑戦してみてくださいね。^^

 

では、早速始めましょう!

▼ぽっこりお腹さようなら 下腹引き締めエクササイズ

▼ぽっこりお腹さようなら 下腹引き締めエクササイズ Part2

▼ぽっこりお腹さようなら 下腹引き締めエクササイズ Part3

▼ポッコリお腹解消!3分でできる体幹トレーニング☆

 

どれも1回やればすぐに効果が出るというような方法ではありませんが、毎日楽しく続けることで、必ず効果を実感することができます。

 

少しでも実感できると、もっとお腹をぺったんこにしたい!と欲が出てエクササイズをやらずにはいられなくなります。やらなくちゃという意識は、いずれストレスになり続けられませんので、頑張りすぎないことがポイントです。^^

骨盤の歪みを整える

骨盤の歪みは、身体全体の歪みの原因につながります。

▼骨盤矯正ヨガ  その日のゆがみはその日のうちに!

お尻歩きでエクササイズ

運動というほどきつくはなく、覚えてしまうとテレビを見ながらでも出来るので、ぜひチャレンジしてみてください!^^

▼骨盤まわりを整える おしり歩き

この運動は、骨盤のゆがみを整えるだけでなく骨盤底筋も鍛えられるので、内臓を適正な位置に戻すことで、ぽっこりお腹を改善してくれます。

 

また、脇腹周辺の筋肉やインナーマッスルも鍛えることが出来るうえに、骨盤の歪みが治れば脚の歪みも治っていくので、筋肉のバランスも良くなっていきます。

 

お腹だけでなく下半身全体をすっきりさせることが出来ますので、ぜひやってみてくださいね!

腸マッサージでガスを解消

お腹にガスが溜まってつらい時は、腸を念入りにマッサージすることで、ぽっこりお腹を解消できます。

 

おへその周りをマッサージするのですが、ただなでるだけのマッサージではなく、腸を刺激するように上から少し強めの圧で押していきます。

  1. 仰向けに寝て軽く膝を曲げましょう
  2. 右の下腹部(腰骨の横あたり)からスタートして、右肋骨下→左肋骨下→左下腹部→おへその下と大腸に沿ってマッサージをしていきます
  3. 最後におへその周りを「の」の字を描くようにしてマッサージします

5分くらいマッサージをしているとお腹がぽこぽこしてきて、腸が動き始めるのが分かります。

 

腸の動きが良くなると血行も良くなって体が温まってきますよ。少し痛いですが、便秘の方はもちろん、冷え性の方にもおすすめのマッサージです。

女性特有の病気が隠れていることも

お腹を抱える女性

肥満も便秘も、ライフスタイルや食事を見直したり運動も取り入れていくことで、時間はかかっても自分で解消することができます。でも、病気となるとそうはいかないこともあります。

 

病気の種類によっては重大な事態を起こしてしまう可能性もあるので、疑わしい場合はすぐに病院へ行きましょう。女性特有の病気は婦人科で診てもらうことが多く、どうしても気がひけるところもありますが、婦人科系の病気は自覚症状がない場合も多く、気づいた時には命に関わることもあります。

 

何事もなければ安心出来るのですから、早めに診察してもらった方がいいでしょう。

  • 子宮筋腫
  • 卵巣膿腫
  • 子宮内膜症

などが原因で下腹部がぽっこりすることがあります。

また、

  • 生理痛がひどくなった
  • 貧血ぎみ
  • 立ちくらみがある
  • 経穴の量が多い
  • レバー状の塊が出る

など、生理に異常を感じたら放置したり我慢しないで早めに婦人科を受診してください。

私は3cmほどの子宮筋腫があるため、毎年1回婦人科へ検診に行くのですが、全ての症状が当てはまります。

まとめ

エクササイズをする女性

いかがでしたか?

年齢と共にどんどん加速するぽっこりお腹。

すぐにキュっとお腹を引き締めるのは難しいですが、お腹の脂肪を落としていくことはダイエットだけでなく生活習慣病の予防にもつながります。健康面からみても大事なことですね。

何より引き締まったお腹は見た目にも美しく、自分に自信を持てるようになります。お腹周りは腰回りなどに比べると比較的脂肪を落としやすいところなので、ご紹介したエクササイズを毎日少しずつ続けてみてください。^^

そして生理に異常を感じるという方は、迷わず婦人科を受診してみてくださいね。

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

kuriru|美容・健康・暮らし・ダイエットの注目記事を受け取ろう

下っ腹が出ている女性のお腹

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kuriru|美容・健康・暮らし・ダイエットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kuriru☆

kuriru☆

当サイトをご覧いただき、ありがとうございます。kuriru(クリル)は、美容・健康・暮らしを中心に、女性が抱える悩みや、日々起こりうる身近な問題をテーマに「これならできるかも!」と思えるヒントを、あなたにお届けします。^^

この人が書いた記事  記事一覧

  • キウイで便秘解消その効果は?2年前から毎日食べ続けた結果

  • 蠕動運動を大蠕動に変える、たった1つの便秘解消法がスゴい!

  • もち麦と押し麦の違い!栄養価や糖質を徹底比較!

  • チョコレートで太る原因!太らないチョコの選び方と食べ方♪

関連記事

  • 冷え性改善に役立つ生姜パワーを効果的に摂取する6つの方法!

  • 宿便とはどんな便?便秘とどう違うのか解消方法も知りたい!

  • 【アーモンドミルク】牛乳・豆乳のカロリー比較!他にどんな違いがあるの?

  • 肩こりひどいし頭痛も辛い、そんな人の原因と対処法5つ!

  • 便秘を解消する即効性のある食べ物【まとめ】

  • 腸内環境と肌荒れの深~い関係!知らないと治らない!?