1. TOP
  2. ダイエット
  3. フルーツダイエットで美ボディを手に入れる正しい方法♪

フルーツダイエットで美ボディを手に入れる正しい方法♪

 2017/09/19 ダイエット
この記事は約 9 分で読めます。 116 Views
morning-fruit

フルーツは糖質が多いから太ると思っている方、実はフルーツは食べるタイミングを選べばダイエットも出来るんです!

もう我慢するダイエットは古い!フルーツを美味しく食べながら、無理なくダイエットしてみませんか?

美ボディを手に入れるフルーツダイエットの正しい方法についてご紹介しますので、是非、参考になさってみてください。

フルーツダイエットとは?

fruit-diet

フルーツダイエットは、置き換えダイエットです。

普通の食事をフルーツに置き換えることで摂取カロリーを減らし、ダイエット効果を得ようとするものです。

フルーツダイエット成功のポイントは、食べ方と食べるフルーツの種類です。

つらい食事制限がいらない

フルーツダイエットは1食置き換えダイエットなので、他の2食は普通に食べて大丈夫なんです。これは嬉しいですよね。

ですから、食べたいものも食べられない!というダイエットのストレスから解放され、無理なく痩せることが出来るダイエット方法なのです。

フルーツダイエットの効果

all-right

つらい食事制限もなく、食べながら痩せられるというフルーツダイエットですが、具体的にはどのような効果があるのでしょうか。

摂取カロリーを減らせる

フルーツのカロリーは、種類にもよりますが、100gあたり100300kcalくらいです。意外と低いですよね。

中には100kcalに満たないものもありますから、カロリーの低いフルーツを選んで食べることで、1日の総摂取カロリーを大幅に減らすことができます。

果糖は血糖値を上げにくい

フルーツは糖分があるから太る!といわれていたのはもう昔の事。糖には色々種類がありますが、果糖はその90%が肝臓でそのまま代謝されます。

代謝されるためにインスリンというホルモンを必要としないため、血糖値を上げにくいのです。

 

甘いものを食べると血糖値が上がりますが、その時に分泌されるインスリンが肥満の元と言われています。

インスリンが糖をエネルギーとして利用し、余った分は中性脂肪となるので、甘いものを食べると太る、といわれているのですが、果糖はそもそもインスリンを分泌させないので、太りにくいといわれています。

満腹感がある

ダイエットは空腹との戦い!空腹に堪えかねて挫折してしまう人が多いと思うのですが、フルーツはたっぷり水分を含んでいますよね。

ですから「食べた!」という感覚があって、満足できるんです。食事の代わりに食べても満腹感があるので毎日無理なく続けることが出来ます。

酵素がたっぷり摂れる

ダイエットはただ体重を落とせばいいというものではありません。

汗をかいて身体の水分が失われたり、食事を抜いて筋肉が減ってしまうことで、一時的に体重が減ったように見えても、それはリバウンドへの道をまっしぐら。

rebound

ダイエットどころか、太りやすい身体を作ってしまっているんです。そして、それに拍車をかけるのが酵素の減少です。40代になると体内酵素が減少してきますが、それも痩せにくくなる原因の一つなのです。

 

ではどうしたらいいか?というと、食べるものから酵素を補えばいいんですね。

酵素は熱に弱いという性質があるので、生の食品を積極的に摂ることで補うことが出来ます。

 

それにはフルーツが最適!火を加えずにそのまま食べられるフルーツは、酵素をたっぷり摂ることが出来るんです。

 

体内の酵素がが増えていけば巡りの良い身体になり、食べながら痩せやすい身体を作っていくことが出来ますよ。

肌もキレイになる

極端な食事制限などをすると、身体が栄養不足になり、痩せにくくなるのとあわせて肌荒れが起きたりします。

 

その点フルーツダイエットは、置き換えた時間以外の食事は普通にとっているので、栄養不足になることはありません。

 

しかもフルーツからビタミンやミネラルがしっかり摂れるので、肌にも良い効果が期待できます。痩せながら肌もキレイになったら嬉しいですね!

フルーツダイエットの正しい方法

fruit-eat

フルーツダイエットで効果を出すためには、やみくもに果物を食べてはいけません。

果物だから太らない、ということではなくて、食べる種類やタイミングを守ることで、ダイエットの効果を出せるのです。

食べるタイミング

フルーツダイエットでは、3食のうち1食をフルーツに置き換えます。

 

代謝を上げてデトックス効果を高めるなら朝、夕食のカロリー摂取が高く、1日の総摂取カロリーを減らしたいという人は夜の置き換えがオススメです。

ランチでちょっと食べ過ぎてしまった、という時は朝だけでなく、夜もフルーツにしてもいいでしょう。

朝食と置き換える場合

フルーツはデザートとして食べるのではなく、朝食として食べます。パンにハムエッグ、コーヒーにフルーツ、ではなく、フルーツをメインにしてください。

 

水分はカフェインの入ったコーヒーや紅茶ではなく、ミネラルウォーターの方がオススメです。

もし空腹に耐えられない場合は、午前中であれば追加して食べても大丈夫です。

夕食と置き換える場合

夕食と置き換える場合は、あまり遅い時間にならないようにしてください。少なくとも、就寝時間まで2~3時間は空くようにした方がいいでしょう。

空腹の状態で食べる

フルーツダイエットはカロリーを減らすだけでなく、フルーツの酵素や食物繊維の効果で痩せやすい身体を作ることも目的の一つです。

 

ですから、デザート感覚で食べるのではなく、お腹がすいた状態で「食事」として食べて下さい。

 

お腹がいっぱいになった状態で食べてもフルーツのダイエット効果が得られません。消化吸収を良くするためには空腹の状態で食べることが大切です。

フルーツは常温で食べること

フルーツは冷蔵庫で冷やさずに、常温で食べるのが基本です。冷たい果物を食べると胃腸を冷やしてしまいます。

 

そうすると血流が悪くなり、ダイエット効果も半減。フルーツはそのまま食べるようにしてください。

フルーツは生のまま食べる

フルーツの酵素を摂るためには生のまま食べましょう。缶詰など加工されているフルーツでは効果がないので、必ず新鮮な生のフルーツを食べるようにしてください。

フルーツダイエットにおすすめのフルーツは?

fruit

基本的にフルーツならいいのですが、よりダイエット効果を高めるために、オススメしたいフルーツがあります。

食物繊維、水分を多くを豊富に含むフルーツ

食物繊維をたっぷり摂ることで腸内環境を整え、巡りの良い身体作りに役立ちますね。

フルーツに含まれる食物繊維は水溶性食物繊維が多いのですが、胃の中でゲル状に膨らみ、そのまま腸に進んで、腸の老廃物なども一緒に排出してくれます。

 

また、水溶性食物繊維は腸の善玉菌の餌にもなりますから、善玉菌の働きを活発にして悪玉菌の増殖を抑えます。

食物繊維が豊富なフルーツは、

◎ キウイ

◎ パイナップル

◎ 

などがあります。

水分を多く含むフルーツは、

グレープフルーツなどの柑橘類

スイカ

いちご

メロン

など。

果汁がたっぷりのフルーツは満腹感を得やすいので、フルーツダイエットにはオススメです。

皮ごと食べられるフルーツ

フルーツの皮には食物繊維やポリフェノールが豊富に含まれています。ポリフェノールは抗酸化作用があり、身体が錆び付くのを防いでくれます。

 

老化防止に役立ち、美容だけでなく免疫力アップや代謝の向上にも必要な栄養素です。

 

フルーツはできれば皮ごと食べた方が栄養を丸ごと摂ることが出来るので、そのまま食べられるフルーツもたっぷり取り入れていきましょう。

リンゴ

葡萄

柑橘類(中の薄皮)

※桃はよく洗って産毛をとれば皮ごと食べられます。

ただし、農薬が気になる方もいらっしゃるでしょう。その場合は減農薬など作り方にこだわっているフルーツを選んで購入するといいですね。

フルーツダイエットで注意すること

attention

フルーツダイエットは誰でもできる簡単なダイエット方法ですが、やり方を間違えるとダイエット効果が得られないこともあります。注意するポイントについてまとめました。

寝る直前に食べないこと

寝る直前にフルーツを食べないこと。睡眠中はカロリー消費をする時間ではなく消化をする時間ですから、食べた果糖はそのまま吸収されてしまいます。逆に太りますから気をつけてください。

1日中フルーツにしないこと

フルーツはビタミンやミネラルも摂れますから、栄養価的には素晴らしい食材ですが、これだけでは必要な栄養素が摂れません。

 

ダイエットにはたんぱく質や脂質も必要です。短期間で痩せたいからといって、1日中フルーツにするのはかえって身体によくありません。

 

他の食事は栄養バランスも考えて、肉や魚、野菜や質の良いオイルなど、様々な種類の食材をまんべんなく摂るようにしてください。

食べ過ぎないこと

フルーツならいくら食べても太らない!などということは残念ながらありません。食べ過ぎれば太ります。

 

先ほど、果糖は血糖値を上げにくいから太りにくいというお話をしましたが、そのほとんどが肝臓でそのまま代謝されるということは、ダイレクトに中性脂肪に変わるということです。

 

ですから、フルーツも食べ過ぎればもちろん肥満になります。ということで、1食のカロリーは200300kcalくらいに抑えるのが理想です。

例えば、よく食べそうなフルーツのカロリーは以下の通りです。

リンゴ1個

140kcal

バナナ1本 

90kcal

アボカド1個

330kcal

桃1個

85kcal

キウイ1個

55kcal

みかん1個

45kcal

オレンジ1個

60kcal

グレープフルーツ1個

120kca

いちご10

50kcal

これらを組み合わせて、300kcal以内くらいになるように食べてみてください。

1~2ヶ月続けてみる

早い人ですと1~2週間くらいで効果が現れることもありますが、それには個人差があります。

元々朝食をそんなに食べていなかった人がフルーツに置き換えても、1日の総摂取カロリーはそれほど減りませんから、短期間で劇的に痩せることは出来ません。

 

少なくとも2週間~1ヶ月くらいは続けてみる覚悟でチャレンジしてください。

慣れてくれば、1食フルーツにするのも苦にならないはずです。1~2ヶ月続ければゆるやかでも効果は実感できるでしょう。

 

私も毎朝2〜3種類のフルーツを組み合わせて食べていますが、程よい満腹感もあり無理なく続けています。

お腹の張りがなくなりお通じに困らなくなりました。ヨーグルトも一緒に食べているので、腸内環境にもいいですよ。^^

my-breakfast

まとめ

いかがでしたか?

ダイエットで一番辛いのは空腹感だと思うのですが、フルーツダイエットなら「食べられる」と思うだけで、その辛さも半減するのではないでしょうか。

しかも好きなフルーツを選んで食べられるわけですから、ストレスなく続けられそうです。

これからのダイエットは美味しく食べてキレイに痩せる!フルーツダイエットで美ボディも美肌も手に入れてください。

\ SNSでシェアしよう! /

kuriru|美容・健康・暮らし・ダイエットの注目記事を受け取ろう

morning-fruit

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kuriru|美容・健康・暮らし・ダイエットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kuriru☆

kuriru☆

当サイトをご覧いただき、ありがとうございます。kuriru(クリル)は、美容・健康・暮らしを中心に、女性が抱える悩みや、日々起こりうる身近な問題をテーマに「これならできるかも!」と思えるヒントを、あなたにお届けしたいと思います。^^

この人が書いた記事  記事一覧

  • 蠕動運動を大蠕動に変える、たった1つの便秘解消法がスゴい!

  • もち麦と押し麦の違い!栄養価や糖質を徹底比較!

  • チョコレートで太る原因!太らないチョコの選び方と食べ方♪

  • 顔の肌荒れが悪化!赤み、かゆみ、ブツブツの原因と治し方!

関連記事

  • 【バタフライピー】女性に嬉しいお茶の効能やオススメの美味しい飲み方♪

  • ぽっこりお腹の女性6つの原因!お腹を引き締める効果的な方法!

  • 40代女性の落ちないお腹のたるみをスッキリさせる4つの方法!

  • アラフォー女性が無理なく痩せられる健康的なダイエット方法!

  • チョコレートで太る原因!太らないチョコの選び方と食べ方♪

  • 脂肪燃焼効果を高めるオススメの食べ物組み合わせ!痩せたい女性必見!