1. TOP
  2. ダイエット
  3. 40代女性の落ちないお腹のたるみをスッキリさせる4つの方法!

40代女性の落ちないお腹のたるみをスッキリさせる4つの方法!

 2017/10/26 ダイエット
この記事は約 10 分で読めます。 3,407 Views
40代女性のたるんだお腹

運動すればいいのは分かっているけど、なかなか始めるきっかけがなくて…と思っていませんか?

お腹のたるみが全く取れないと感じはじめる40代は、いきなり過度なダイエットをはじめても長続きせず結果に結びつきません。

ではお腹のたるみを取るにはどうしたらいいのか?それは40代には40代の体に合った、無理のない方法で行うことです。

今回はその方法について、詳しく解説しますので是非、参考にしてみてください。

違和感を感じたら、それは気のせいではありません

自分の体に違和感を感じ驚く女性

「今までと何か違う・・・」40代になって自分の体に違和感を感じた経験のある方は多いと思います。ショーツからはみ出たぷよぷよのたるみ、ブラの肩紐が食い込むようになった肩のお肉。自分で感じたその違和感、気のせいではありません。

そんな違和感を感じた時こそ、今までの生活習慣を振り返る良いチャンスです!なかったことにするのではなく原因を思い起こし、その時から意識を変えてみましょう。ここで「意識する」or「見なかったことにする」の選択が、あなたの5年後、10年後の体をつくります。

 

どうして結果が出ないのか?

体重計にのった女性の足

例えば、お腹を引き締めよう!と思ったときに誰もが思いつく

  • 運動すれば良い
  • 食べる量を減らせば良い(朝はスムージー、夜は置き換えダイエット)

という方法。

 

それも間違いではありませんが「○○○すれば良い」と思っている方は、少し考えを改める必要があるかもしれません。

なぜなら、40代になると20代に比べて基礎代謝が低下するため、運動だけすれば良い、食事制限すれば良いと言った1つの方法に偏ったダイエットは体の負担となり、ストレスとなって長続きしないため、結果に結びつかない原因になることがほとんどだからです。

下記の表の通り、年齢と共に基礎代謝基準値がどんどん低下していることがわかります。出典、厚生労働省の日本人の食事摂取基準、2015 年版出典:厚生労働省「日本人の食事摂取基準」(2015 年版)より

 

私の40代の友人(女性)に、「お腹のたるみが取れなくて…」という友人がいました。

友人は、ストレッチと筋トレ(主に腹筋)を毎日欠かさず行い、ジョギングは一日置きに3kmも走っています。でもその友人いわく「体重は減ったけど、お腹のたるみは全然とれない」というんです。しっかり運動してるのに、お腹のたるみが改善されないなんてヘンだと思いませんか? でも、よくよく話しを聞いてみると、運動は頑張っているのに対し、食事は特に意識していない…というんです。つまり「好きな物を食べたいだけ食べている」ので、運動してカロリーを消費しても、それ以上に食事による摂取カロリーが上回っているからということになります。

 

消費カロリー<摂取カロリー

 

これでは、お腹のたるみは解消しないはずですね。「燃焼」と「代謝」は誰もが当たり前に行っている身体のサイクルですが、簡単に言うと消費カロリー(運動)が摂取カロリー(食事)を上回らなければ痩せないと言うことです。まして基礎代謝は年齢と共に徐々に低下するということを理解しないと、いつまでたっても結果は出せないということです。

 

だからと言って40代になって過度なダイエットを行えば、体調を崩したり、肌が乾燥しやすくなったり、便秘になったり、結果が出るより先に身体を壊してしまいます。やはり40代には40代に合った方法で脂肪を燃焼させましょう。

 

40代の落ちないお腹のたるみをスッキリさせる4つの方法

お腹のたるみがない理想的な女性の後ろ姿

40代のお腹のたるみを解消するには、生活習慣の見直しが欠かせません。1ヵ月、3か月、半年という期間で考えるのではなく、ストレスなく毎日(大げさに言えば一生)続けられることがポイントです。

 

「1か月だけとにかく頑張る!」ではリバウンドまっしぐらです。適度な運動、バランスの良い食事で体に必要な栄養素を摂取する、日々体を動かすことを意識する、を無理なく続ければ自然とお腹のたるみも改善できるのです。では具体的に何をしたらいいのか、お伝えしましょう。

 

毎日の意識から変えていく

意識、自覚を考える女性

「意識」や「自覚」は大事です。両方とも自分のことがわかっていないと持てないものだからです。

 

モデルさんや女優さん、タレントさんは常に意識と自覚を持っています。どういうメソッドが自分に合っているのか?どういうふうに笑うと可愛いか?左右どっちの顔がキレイか?維持するために日々の小さな積み重ねを怠りません。

 

では私たちが持つべき自覚とは、『清潔感のある自分かどうか?』それだけです。太った人や疲れてる人は、それだけで不潔な印象を持たれてしまうことが多々あります。

目を見開いて驚く太った女性

だから、太っていても疲れていても清潔感がある自分かどうかを常に意識、自覚すること、それが大事なのです。

 

清潔感を心掛けると背筋も伸びて下腹部に力が入ります。そして若々しく見られたいという心境にもなるはずです。

 

無理は禁物!まずは体を動かす生活習慣を

階段を登る女性の足

毎日体を動かし、無理なく基礎代謝を高めましょう。

①朝起きたら起き上がる前に各関節を動かす
中々起きれない低血圧の方にも推奨されている方法ですが身体の関節ひとつひとつに「起きるよ~」と声を掛ける感じで動かしてみましょう。

②起き上がったら肩甲骨と肩関節をぐるんぐるんと回す
「朝寒くて布団から出るのが辛くて仕方ない。」と嘆いた私に知人が教えてくれた「アッという間に身体が暖まり血流が上へ流れる」方法です。

③エレベーター、エスカレーターを1階手前で降りて階段を使う
1階分だけです!理由は「1階分くらいなら頑張れる」から。

④いつもと違うスーパーに行ってみる
ちょっと違う道を歩いてみると意外な発見があると同時に気分転換になり歩くのが楽しくなったりします。

⑤食事の支度中にかかと上げ運動をやってみる
かかとを上げ下げするだけですが、これを10回やるだけでふくらはぎが疲れてきます。

いかがですか?簡単ですよね。
こうした日常のちょっとした体を動かす習慣が、良い循環を生み出し基礎代謝を高めることに繋がります。まずは血流を良く、顔色を良く、代謝を良く、胸を張れたら姿勢もよくなる!良いことずくめです。

 

食べ方にも工夫が必要!大人の食べ方飲み方

栄養バランスの良い食事

食べないダイエット程間違ったやり方はありません。人の体は炭水化物、ビタミン、脂質、タンパク質、ミネラル全てが揃って初めて正常に機能するものなのです。

 

最近、炭水化物抜きダイエットが流行していますが、全く食べないこの方法は健康的とは言えません。パンや麺類は控えても、1日必要最低限のご飯はしっかり食べましょうもちろん雑穀米でもかまいません。

 

ボーッとした表情で、ポカ~ンと口開けてしまうことが増えたら、炭水化物不足です。気を付けてくださいね。

 

タンパク質は人の体になくてはならないものですが、何かひとつの食品に偏ってもいけません。お魚、お肉、大豆・・・それぞれのタンパク質がありますし、大豆には大豆イソフラボンが含まれています。

 

大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをすることで知られているポリフェノールの一種です。そして大豆イソフラボンは加工しても加熱しても成分はほとんど壊れないことがわかっており市販の豆乳や納豆や甘納豆でも摂取できます。

 

そして忘れてはならないのは酵素酵素は新鮮な生の食品(果物、野菜、お刺身、馬刺し、鶏わさ)と、発酵食品(ヨーグルト 納豆、味噌)等に含まれており、人の体の代謝には絶対に必要なものです。

 

果物、野菜にはビタミンも含まれていて、ビタミン、酵素は熱に弱いということを覚えておいてください。

 

ミネラルを摂取するには海藻(わかめ、ひじき)が効果的です。天然のミネラルウォーターや市販の麦茶でも摂取できるのでミネラルは手軽に取れそうですね。

 

そして大前提として食べ過ぎない』こと。
夜ご飯で食べ過ぎると眠りに入りにくくなり、さらに代謝が悪くなるという悪循環に繋がります。

 

さらに、血糖値の上昇を緩やかにするためにお野菜から食べること。制限し過ぎず、ゆっくり味わって食べることが大事です。制限し過ぎるとストレスにより唾液の分泌が減り消化に支障をきたします。

 

基礎代謝を上げるにはこんな方法も

生姜紅茶とマイボトル

ここまで、

  1. 意識を変える
  2. 体を動かす生活習慣
  3. 食べ方を工夫する

についてお伝えしてきましたが、結果が出ない理由に「基礎代謝の低下」がありましたね。基礎代謝を高める方法は、運動だけではありません。

 

特に寒い冬は「体の冷え」も基礎代謝を下げる原因となります。体を温める簡単な方法として、

  • 温かい飲み物をマイボトルで持ち歩く(おすすめは生姜紅茶♪)
  • マフラーやヒートテックで保温する(冷気の侵入を防ぐ)
  • 生姜湯でおやすみ前に冷え対策を行う(体がポカポカになり寝つきもよくなります)
  • 湯船に浸かってリンパの流れを良くする(血流が良くなり代謝を高めます)

など日頃から体を温めることを習慣にしてみてください。

 

ここまでご紹介した方法は、実は少し意識を変えれば簡単に取り組めることばかりです。

 

普段の生活習慣を見直して意識すれば、わざわざ時間やお金をかけて辛い運動に取り組む必要はないのです。

 

あなたの近くにいませんか?若々しくてスタイルがよく、あんなふうになりたい…と羨ましく思う人。

 

あなたと同じように家事や仕事に忙しいはずなのに、スタイルをキープしていませんか?

 

そういう人は、モデルさんや女優さん達同様、「美意識や自覚」を習慣にしています。面倒なこと、体に負荷のかかることをあえて選び、体型を保っているのです。

犬の散歩をするスタイルの良い笑顔の女性

でも、そんなストイックな努力ばかりをしているわけではない、というのも事実です。そういう人は体の外からだけでなく、内側からの美意識も怠りません。

 

それは、偏りがちな栄養バランスをきちんと体に補ってあげることです。

 

そのためには、普段の生活習慣にプラスして、不足しがちな酵素と乳酸菌を体の中からダブルで補い、痩せやい体を作ることです。スマート生活を応援!「121種類の発酵と乳酸菌」は基礎代謝が低下する40代以上の女性にとても人気です。

 

人気の理由は、「酵素」「乳酸菌」をそれぞれ補うのではなく酵素+乳酸菌』を同時に補えるため、腸内環境を整えながら「でぶ菌」を減らしてやせ菌を増やせるからです。

 

落ちないお腹のたるみを体の内側からもスッキリさせるためにも、一度試してみる価値はありそうです。

 

▼詳細はこちらから▼

 121種類の酵素と乳酸菌 

まとめ

たるみのない理想的な女性のお腹

いかがでしたか?お腹のたるみを取る方法は、普段の生活習慣の見直しにありましたね。

いきなり全部取り組もうとするとストレスになってしまうので、まずは1つ「意識・自覚」を持つことから始めてみましょう。

1つできたら次のステップというふうに、「無理なく毎日続けられる」ことがポイントです。

今回ご紹介した40代には40代の体にあった方法で、是非お腹のたるみをスッキリさせてくださいね。

▼たるんだお腹を引き締める▼

\ SNSでシェアしよう! /

kuriru|美容・健康・暮らし・ダイエットの注目記事を受け取ろう

40代女性のたるんだお腹

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kuriru|美容・健康・暮らし・ダイエットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kuriru☆

kuriru☆

当サイトをご覧いただき、ありがとうございます。kuriru(クリル)は、美容・健康・暮らしを中心に、女性が抱える悩みや、日々起こりうる身近な問題をテーマに「これならできるかも!」と思えるヒントを、あなたにお届けします。^^

この人が書いた記事  記事一覧

  • キウイで便秘解消その効果は?2年前から毎日食べ続けた結果

  • 蠕動運動を大蠕動に変える、たった1つの便秘解消法がスゴい!

  • もち麦と押し麦の違い!栄養価や糖質を徹底比較!

  • チョコレートで太る原因!太らないチョコの選び方と食べ方♪

関連記事

  • 脂肪燃焼効果を高めるオススメの食べ物組み合わせ!痩せたい女性必見!

  • 【バタフライピー】女性に嬉しいお茶の効能やオススメの美味しい飲み方♪

  • チョコレートで太る原因!太らないチョコの選び方と食べ方♪

  • ぽっこりお腹の女性6つの原因!お腹を引き締める効果的な方法!

  • 40代が痩せる方法!女性にオススメの食事は、食べて痩せるもち麦ダイエット!

  • 【酵素】食べ物から効率よく摂ってダイエット効果をUPするオススメの食べ方7つ!