1. TOP
  2. ダイエット
  3. 【酵素】食べ物から効率よく摂ってダイエット効果をUPするオススメの食べ方7つ! 

【酵素】食べ物から効率よく摂ってダイエット効果をUPするオススメの食べ方7つ! 

 2017/05/17 ダイエット
この記事は約 9 分で読めます。 353 Views

酵素ドリンクでダイエットもいいですが、酵素は食べ物から摂ることもでき、食材の選び方や食べ方次第で、効率よく酵素を摂ることだって出来るんです。

年齢を重ねるほどに痩せにくくなるのは、基礎代謝量が低下することもありますが、酵素も大きな関わりがあります。

酵素を含んだ食べ物をたっぷり摂ってダイエット効果をアップさせませんか?

今回は食べ物から酵素を摂る方法と、効率よく摂取する食べ方などをご紹介します。是非参考になさってみてください。

ダイエットにどうして酵素が必要なの?

thick

酵素はそもそもなぜ必要なのか、というところから説明しましょう。

酵素は私たちが生きていく上で欠かせないものです。食べたものの消化をサポートし、またそれを代謝してエネルギーを作る役割もあります。

ダイエットに大切なのが「基礎代謝」ですが、そのために働くのが酵素で、酵素が減ってしまうとエネルギーを作ったり、身体の余分なものを排出したりといった働きがスムーズにいかなくなるため、巡りの悪い、エネルギー効率の悪い身体になってしまいます。これが「代謝が低下する」ということです。

年齢とともに減少する酵素

体内酵素には食べたものを消化するための消化酵素と、栄養素をエネルギーに代えるための代謝酵素があります。

しかし加齢とともに体内で作られる酵素が減っていくことで、消化や代謝がうまくいかなくなって痩せにくい身体になるのです。

年齢とともに痩せにくくなるのはこの酵素が減ってしまうから。カロリーを減らそうとして極端に食事を制限しても、きつい運動をしてもなかなか痩せませんよね。それは逆に身体に必要な栄養素が足りていないからです。

痩せいくい年齢だからこそ、ダイエットには代謝を高める酵素が必要なんです!

酵素は食べ物から摂れる

fruits&vegetables

酵素というとドリンクやジュースのイメージが強いかもしれませんが、食べ物から摂ることができます。

しかし実は、酵素の含まれた食べ物を食べたからといって、そのまま体内の酵素として使われるわけではないんですね。というのも、食物酵素によって体内の酵素を増やすことは出来ないんです。そもそも、人の身体の中にある酵素と、食べ物から摂れる酵素は種類が違うため、それをそのまま使うことは出来ないからです。

ですから正確にいうと、酵素を食べて増やすのではなく、

  • 体内で酵素を作れるようにその働きをサポートする食べ物を摂ること
  • 酵素が減らないようにすること

この2点が大切なんです。

酵素が含まれている食べ物は?

かといって、酵素が含まれた食べ物を食べることが全く意味がないのではなく、体内の酵素を活性化させる働きがあるので、積極的に摂ることが大切です。

酵素は日常摂れる色々な食べ物に含まれています。

発酵食品

発酵食品には、納豆味噌ヨーグルトなど色々ありますね。ダイエットのために摂る発酵食品というとヨーグルトが人気かもしれませんが、日本人におすすめなのは味噌や納豆など、日本人が昔から食べてきたものです。

ヨーグルトは原料が牛乳ですから、動物性食品です。日本人は農耕民族で腸が長く、昔から植物性の食品を中心に食べてきました。ですから、日本人の腸に合っているのは、味噌や納豆などの植物性食品なんです。

生野菜

野菜にもたっぷり酵素が含まれていますが、酵素は加熱すると死んでしまいます。野菜の煮物などはお腹にも優しくておいしいですが、酵素を摂る目的で食べるなら是非、生で食べて下さい。

人参、キャベツ、トマト、きゅうり、大根などに多く酵素が含まれています。

生のフルーツ

野菜同様、果物にも酵素が含まれています。ただし、ここでも生で食べることが大事なので、缶詰の果物などはおすすめできません。新鮮な生の果物を食べるようにしてください。

リンゴ、バナナ、キウイなど、毎日食べても飽きないですよね。

ビタミンB群

ビタミンB群は糖質や脂質の代謝と大きな関わりがあり、ダイエットをする上で必須の栄養素です。ビタミンBが足りないと、いくら栄養素を摂ってもそれをしっかり代謝することが出来ないからです。

ダイエット効果をUPする7つの食べ方

食べ物の酵素がそのまま体内酵素にならないとしても、代謝を高めるにはとても大切な働きをします。食べ物の酵素を壊すことなく摂り入れる食べ方をご紹介します。

毎日ぬるめの味噌汁を飲む

毎日お味噌汁を飲んでいる方は多いと思いますが、せっかくの発酵食品である味噌も、加熱してしまえば酵素が死滅してしまいます。

味噌汁を作る時には出汁を煮立てて具材をその中で煮て、最後に火を止めて味噌を入れますよね。この時点で出汁はかなりの高温になっていますから、そこに味噌を入れると酵素もみんな死んでしまうのです。

酵素が死滅するまでの時間は1~10分ほどかかるそうですが、味噌を溶いてから食卓に運び、実際に食べるまでの時間を考えたら、食べる頃にはせっかくの酵素がなくなってしまっていることでしょう。

そこで、酵素をたっぷり摂るには、味噌を溶く時に熱いだし汁に入れるのではなくて、48度未満に冷ましただし汁に入れるようにします

こうすれば酵素はもちろん、麹菌など味噌の有効成分を死滅させることなく摂取することが出来るんです。

いつも熱いお味噌汁を飲んでいる方からすると、48度未満というとちょっとぬるめに感じると思いますが、これが酵素を余すことなくとる方法です。

もう1つ大事なことが、無添加の味噌を使うということ。豆や米などの原料に塩を加えただけのシンプルな製法の味噌を選んでください。アルコールなど余計な添加物が入っている味噌では効果が半減してしまいます。

野菜スティック+味噌

stick

酵素をたっぷり摂る生野菜の食べ方として、いつものサラダではなく味噌と一緒に食べてみませんか。さっと洗った野菜に味噌をつけて食べるだけでももちろん美味しいですが、味噌にみりんを少し混ぜたものもおすすめです。

みりんにもたっぷりの酵素が含まれています。自然な甘味で味噌の辛さが和らぐので、お子さんでも食べやすくなります。

ただし、ここで大事なのが、使うのは「本みりん」です。みりん風調味料はみりんという名の別物。発酵食品としての効果は期待できないので、ちょっと高価ですが、ダイエット効果を期待するなら本物のみりんを使いましょう。

朝の手作り生ジュース

carrot-juice

果物や野菜を生で摂る方法はサラダだけではありませんね。サラダだと見た目には量があって食べているつもりでも、栄養素としてはあまり摂れていないことが多いもの。

だったらジュースにしてしまえば、サラダよりも断然野菜や果物をたっぷり摂ることが出来ます。

人参や大根などの酵素がたっぷりの根菜と、甘味のあるリンゴなど組み合わせると飲みやすいでしょう。

ジューサーを使うとさらっとしたジュースが作れますが、ミキサーなら食材を丸ごと使いますから、食物繊維も摂ることが出来て、腸内環境を整えるのにも役立ちます。

そして飲むタイミングも大事!どうせ飲むなら胃腸が空っぽの朝がおすすめです。果物や野菜の栄養素と酵素が速やかに吸収されることと、固形物を入れないことで胃腸を休めることが出来るからです。

大根おろし

daikon-oroshi

大根はアミラーゼという酵素がたっぷりです。生のままスティックなどで食べてもいいのですが、オススメなのは大根おろしです。

酵素はすりおろすことで量が増えるといわれているので、どうせ食べるならおろして食べた方が効果的。

野菜の栄養素は皮の付近に多く含まれているので、出来るだけ農薬を使用していない大根を選び、皮ごとすりおろして食べると酵素をしっかり摂ることが出来ます。

手作りドライフルーツ

dried-fruit

ドライフルーツにも果物と同じように酵素が含まれているのですが、残念ながら市販のドライフルーツには砂糖がたっぷり!しかも加熱処理されているので、酵素も壊れてしまっています。

48度以上に加熱せずに自然に乾燥させれば酵素が残ったドライフルーツを作ることができます。天気の良い日を選んで数日~1週間程度天日干しをします。

とはいえ、そんなに天気のいい日ばかり続きませんし、ベランダで作るのも難しいことがありますよね。そんなときにはフードドライヤーがあると便利です。温度調節も出来るので酵素を壊すことなく無添加のドライフルーツを作ることができます。

フードドライヤーって何?という方は、こちらをご覧ください。^^

▼フードドライヤーの使い方

乾燥させることで旨味や栄養価がアップし長期保存も利くようになるので、自宅で作ったドライフルーツを食べられるなんていいですよね!

生野菜から先に食べる

eat-vegetables

空腹の状態で先に食べて欲しいのが生の食材です。先に酵素を摂ることで、その後に摂るたんぱく質や脂質を消化するサポートをしてくれます。

食事をする時にはまず生野菜を食べて、それから汁物やたんぱく質のおかず、最後に炭水化物を摂るようにしましょう。ゆっくり噛んで食べていれば炭水化物まで到達する前にお腹もふくれ、ダイエット効果も高まります。

お酢ドリンクを飲む

vinegar

お酢は酢酸が主成分ですが、消化酵素の働きを活性化させ、唾液や胃液の分泌を促進します。料理にお酢を使うのもいいですが、お酢を水や炭酸で割って飲むのがオススメです!

最近では飲むためのフルーツ酢も増えてきていますし、自分で手作りすることだって出来るんですよ。お好みの果物にハチミツを加えて漬け込むだけです。

◆簡単キウイ酢 作り方は簡単 

  • キウイ:2個
  • はちみつ:適宜
  • お酢:1カップ

はちみつの代わりに氷砂糖でもかまいませんが、溶けるまで時間がかかるのではちみつの方が数日で飲むことが出来るようになります。

1口30回噛もう!

chew-well

これは食材そのものではありませんが、良く噛んで唾液を出すということも酵素の働きを活性化させることに役立つんです。

唾液には「アミラーゼ」という酵素が含まれていて、糖質の代謝をサポートします。たくさん噛んで食べることで唾液の量が増えますし、唾液が増えればアミラーゼが増えるので、消化を助け、ダイエットにも役立つ、というわけです。

1口30回噛むということは早食いを防止するという意味でもダイエットに役立ちますから、1口食べるごとに箸を置き、しっかり30回噛んでから飲み込むということを習慣にしてみてください。

まとめ

diet

いかがでしたか?

食べ物で酵素を増やす方法はそれほど難しいものではないと思います。その代わり、1度にたくさん食べて溜め込んでおく、ということも出来ないので、毎日継続していくことが大切です。

年齢とともにどんどん減少していく酵素をなるべく減らさないように、そして食べ物の力を借りて増やしていくことが出来るように、今回ご紹介した方法をぜひ実践してみていただきたいと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

kuriru|美容・健康・暮らし・ダイエットの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kuriru|美容・健康・暮らし・ダイエットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kuriru☆

kuriru☆

当サイトをご覧いただき、ありがとうございます。kuriru(クリル)は、美容・健康・暮らしを中心に、女性が抱える悩みや、日々起こりうる身近な問題をテーマに「これならできるかも!」と思えるヒントを、あなたにお届けします。^^

この人が書いた記事  記事一覧

  • キウイで便秘解消その効果は?2年前から毎日食べ続けた結果

  • 蠕動運動を大蠕動に変える、たった1つの便秘解消法がスゴい!

  • もち麦と押し麦の違い!栄養価や糖質を徹底比較!

  • チョコレートで太る原因!太らないチョコの選び方と食べ方♪

関連記事

  • チョコレートで太る原因!太らないチョコの選び方と食べ方♪

  • 40代が痩せる方法!女性にオススメの食事は、食べて痩せるもち麦ダイエット!

  • アラフォー女性が無理なく痩せられる健康的なダイエット方法!

  • フルーツダイエットで美ボディを手に入れる正しい方法♪

  • 脂肪燃焼効果を高めるオススメの食べ物組み合わせ!痩せたい女性必見!

  • 40代女性の落ちないお腹のたるみをスッキリさせる4つの方法!