1. TOP
  2. 美容
  3. 紫外線で肌荒れがひどい!ぶつぶつのせいでメイクできない時の対処法と原因!

紫外線で肌荒れがひどい!ぶつぶつのせいでメイクできない時の対処法と原因!

美容
この記事は約 7 分で読めます。 251 Views
uv03

紫外線はシミやシワの元になりますから、日頃からしっかり日焼け止めを塗って対策している女性が多いでしょう。

しかし、せっかく紫外線対策をしているのに、日焼けとは別にぶつぶつなど肌荒れが起きてしまうことがあります。

メイクものらないし、見た目にもぶつぶつして腫れた感じに。紫外線のせいでぶつぶつが出来てしまう原因や対処法についてまとめました。

是非、参考になさってみてください。

紫外線でぶつぶつが出来る原因は?

skin-care

紫外線のせいで肌荒れしてしまうのは紫外線によるアレルギー反応で、どちらかというと元々色白の方に起きやすいようです。

とはいえ、誰でもなる可能性はあり、しかもある日突然発症するのが厄介です。

去年は何ともなかったからといって今年も起きないとは限らないのです。

紫外線アレルギーの原因

紫外線アレルギーは(日光アレルギー)とも呼ばれます。強い日差しに対してアレルギー症状が出てしまうのですが、元々アレルギー体質の人はなりやすい傾向にあります。

それ以外にも、

  • 疲労
  • ストレス
  • 乱れた食生活
  • 冷え性
  • 肌にあわない化粧品を使っている
  • 肌にあわない日焼け止めを使っている

などの理由で起こることがあります。

もし、全身にぶつぶつが出来ているのではなく、顔だけに出来ているなら、化粧品が原因である可能性が大きいでしょう。

ただ、色々な原因が重なり合っていることもあり、どれか一つには絞れないことも。ひとつひとつ改善しながら何が原因か?ということを探っていくしかないと思います。

食べ物が原因になることも

朝食に果物を食べる習慣のある人は多いと思います。柑橘系の果物はビタミンたっぷりで美容には嬉しいのですが、オレンジ、グレープフルーツなどにはソラレンという物質が含まれているので、紫外線の吸収を促進してしまう可能性があります。

日焼けのダメージを大きくしてしまうこともあり、紫外線アレルギーの人にはあまりおすすめできないのです。

柑橘系の果物や、

  • キウイ
  • アセロラ
  • きゅうり
  • パセリ
  • シソ
  • セロリ

などもソラレンを含んでいるので、これらを朝出掛ける前に摂ることは控えた方が良いでしょう。

紫外線に当たる心配のない夜であれば、もちろんいくら食べても大丈夫です。

皮膚科で検査する

もしかして紫外線アレルギー?と思ったら皮膚科で検査を受けることも可能です。太陽光線には色々な波長の光があるため、どれがアレルギーの原因になっているのかということを調べる「光線テスト」を行います。

大人の場合は薬が原因の場合もあるので、血液検査を行うこともあります。アレルギーの原因となる光線の波長が分かれば、それをカットするための日焼け止めを使えばいいということなので、もし心配なら一度検査してみてもいいでしょう。

紫外線で肌荒れ、ぶつぶつが出来た時の対処法

rough-skin

紫外線対策はしていたつもりだけど、それでも肌荒れやぶつぶつの状態になってしまった、という時にはどう対処すれば良いのでしょうか。

絶対にかかないこと

かゆみが強くなることがありますが、決してかかないように注意してください。顔は特に皮膚が薄くてデリケート。かいて傷が出来てしまうとさらに肌荒れを悪化させてしまいます。

肌を冷やすこと

日焼けで炎症が起きている状態ですから、肌をしっかり冷やしましょう。保冷剤などを使ってもいいですし、冷たく冷やしたタオルなどでかゆみや赤みが出ているところを冷やしてみてください。

冷やすことでいくらかかゆみも治まります。

保湿をしっかりすること

紫外線のダメージで肌はかなり傷んでいます。こんな時には冷やすとともに保湿を徹底させてください。

肌への水分補給をしっかりして、乳液などで蓋をし、水分が蒸発しないようにスキンケアをきちんとしてきましょう。

特にお風呂上がりなどは肌が乾燥しやすいですから、間髪おかずに保湿を徹底してくださいね。

メイクはなるべく軽めにする

肌が荒れている時にはメイクも負担になります。肌の健康が回復するまでなるべくメイクは軽めにしておきましょう。

ファンデーションは石けんでも落とせるようなミネラルファンデーションがおすすめす。もしくは、ほんのり肌色のついたティント乳液などを使うと、肌への負担は減らせるでしょう。

それ以上紫外線に当たらない工夫

外に出ないで過ごすことは難しいと思いますが、日差しの強い時間は外に出ないとか、なるべく日陰を選んで歩くなど、極力紫外線に当たらない工夫をしてみてください

ぶつぶつがひどい時には皮膚科へ

冷やしたり保湿したりしてもぶつぶつが治らない場合には、早めに皮膚科を受診しましょう。万が一跡が残ってしまったりしては大変です。

紫外線でぶつぶつが出来ないためにはどうすればいい?

uv-countermeasure

紫外線を浴びること自体がアレルギー反応を引き起こしてしまうので、とにかく紫外線を徹底的にカットすることが大事です。

日焼け止めを塗るのはもちろんのこと、

  • 帽子、サンバイザーをかぶる
  • 日傘をさす
  • サングラスをかける
  • マスクをする
  • フェイスカバー(フェイスonワンピ)などで顔全体を覆う
  • UVカット効果のある服を着る
  • 車や家のガラスにはUVカットフィルムを貼る

など、徹底的に紫外線をカットする方策をとってください。

最近は花粉やウィルスを防ぐだけでなく、紫外線をカットしてくれるUVカットマスクもあるんです。洗って使えるタイプのマスクなら経済的。汗をかいても清潔に使えますね。

マスクだけで足りない人は、デコルテまで覆うことが出来るフェイスカバーを使ってみましょう。目元から上以外は覆うことが出来るので、顔はもちろん、デリケートな首元までしっかり紫外線をカットできます。

服は暑いかもしれませんが、出来れば長袖がおすすめです。UVカット加工のしてある服だと、通気性もあって薄手のものが多いですから、夏の外出は肌を露出させないことを心がけてください。

紫外線アレルギーは一度発症すると治らないといわれています。他の人にはたいしたことない紫外線量であっても、アレルギーの人は過剰に反応してまたぶつぶつが出来てしまうことがあります。

とにかくどうやったら紫外線を浴びないかということに重点を置いて、徹底的に肌を守っていきましょう。

日焼け止めは肌にやさしいものを選ぶ

紫外線はしっかりカットしたいものの、かといって強力な日焼け止めを使うとそれが肌への刺激となってしまい、肌荒れがひどくなる可能性があります。

SPF数値の高いものや紫外線吸収剤が配合されている日焼け止めは、効果は高いものの、肌が弱っている状態で塗るとぶつぶつを悪化させてしまうかもしれません。

紫外線吸収剤は肌の上で紫外線を吸収することで化学反応を起こし、それを熱エネルギーに変えて放出することで日焼けを防いでいます。

紫外線はカットできても肌の上で化学反応が起きているわけですから、荒れた肌には良くないですよね。

ぶつぶつが出来やすい人は、

  • 紫外線散乱剤(ノンケミカルと表示)を使った日焼け止めを選ぶ(酸化チタン、酸化亜鉛など)
  • SPFは20~30くらいのやや弱めのものを選ぶ

というようにすれば、肌荒れは少しでも防ぐことが出来ます。

数値が低くても日焼け止めはこまめに塗り直せば大丈夫です。

まとめ

ultraviolet-skin

いかがでしたか?

紫外線アレルギーになると、ぶつぶつが出来たり、かゆみが出たりするだけでなく、水ぶくれが出来たり蕁麻疹が出ることもあります。

秋口までは紫外線が強い日が続きますし、日差しを遮るのもなかなか難しいですが、一番の対処法が紫外線を浴びないことです。

どうすれば紫外線をカットできるかということを、日々心がけるようにしてみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

kuriru|美容・健康・暮らし・ダイエットの注目記事を受け取ろう

uv03

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

kuriru|美容・健康・暮らし・ダイエットの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kuriru☆

kuriru☆

当サイトをご覧いただき、ありがとうございます。kuriru(クリル)は、美容・健康・暮らしを中心に、女性が抱える悩みや、日々起こりうる身近な問題をテーマに「これならできるかも!」と思えるヒントを、あなたにお届けしたいと思います。^^

この人が書いた記事  記事一覧

  • 蠕動運動を大蠕動に変える、たった1つの便秘解消法がスゴい!

  • もち麦と押し麦の違い!栄養価や糖質を徹底比較!

  • チョコレートで太る原因!太らないチョコの選び方と食べ方♪

  • 顔の肌荒れが悪化!赤み、かゆみ、ブツブツの原因と治し方!

関連記事

  • 40代の肌が実感!使い続けたくなる肌にやさしいおすすめの洗顔料♪

  • 酵素洗顔パウダーの洗浄力ってすごい!毛穴の黒ずみがみるみるキレイに【体験】

  • 毛穴ケア~メンズ用スキンケアで毛穴のトラブルを解消!【男性編】

  • 【2016完全版】毛穴ケア、これだけ読めばすぐできる!

  • 目の下のたるみを取る方法!肌もきれいになる一石二鳥の解消術!

  • 【紫外線対策】顔の日焼け止め!やっと見つけた子どもでも使えるSPF45・PA++++